MENU

オールインワンジェルの正しい使い方を知っていますか?

 

 

フィトリフトなどの性能の優れた、芸能人も使っているようなオールインワンジェルが出てきたことと、働く忙しい女性が増えてきたことで、オールインワンジェルの価値が今見直されようとしています。

 

そこで今回はオールインワンジェルの正しい使い方についてお話しようと思います。

 

正しく使わないと逆効果になってしまうこともあるオールインワンジェル化粧品!

 

オールインワンジェルを使うとべたべたしてファンデーションが塗れない、皺になってしまうなどの声も、間違った使い方によるものです。

 

是非正しい使い方をマスターして、手軽で便利なオールインワンジェルの効果を最大限活かしてくださいね!

 

 

正しい使い方をマスターしよう!やってはいけない使い方とは?

 

いくら時短で出来るからと言っても、ファンデーションなどを塗る直前にオールインワンジェルを使うのは良くありません。

 

お肌ケアといえば朝と夜だと思うのですが、夜は通常通り使用しても全く問題ありません。

 

しかし、朝の場合は、洗顔後に、夜に比べると量を少なくして使用することをお勧めします。

 

そして重要なのが、しっかりと浸透・あるいは乾いてからメイクにとりかかることです。

 

 

フィトリフトの場合は、塗った後、手で包み込むようにするとより浸透しやすくなります。

 

手で包み込むことで、手のぬくもりで浸透しやすくなるようです。

 

 

乾く前にファンデーションを塗ってしまうと、よれてしまったり、どろどろになってしまったりするため、しっかりと待つことも時短に繋がるということを覚えておいてください。

 

 

また、ニキビなど、お肌トラブルが発生しているときにもお勧めできません。

 

化粧水からパックまでの機能を持っているため、ニキビなどの炎症箇所まで包み込んでしまい、炎症が悪化してしまうこともあります。

 

これは、通常の化粧品なども同じです。

 

化粧水くらいであれば問題はありませんが、クリーム、パック、お化粧などは炎症箇所を塞ぎ悪化してしまう原因にもなるため、しっかり治してから使用するようにしましょう!

 

基本的にはお肌トラブルになりづらくなっていくので、生活リズムの乱れなどで出来てしまった場合はいったん使用を控えることも、お肌のためになります。

 

 

オールインワンジェル化粧品は他の化粧品と併用も可能です!

 

オールインワンジェルは、いろんな化粧品の効果が一緒になっており、非常に手軽にケアが出来ます。

 

フィトリフトでは、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの5つの機能が1つになっているため、これ一本でも問題なく使用できます。

 

しかし、肌質によって、あるいは使い残った化粧水を使用したい、どうしてもすぐに化粧しないといけない場合などは、うまく他の化粧品と併用して使用することも効果的だと思います。

 

 

化粧水の場合は、洗顔後使用し、化粧水を塗ってからオールインワンジェルを使用するのがおすすめです。

 

乳液などを使用する場合は、オールインワンジェルの後に塗ってくださいね。

 

日焼けクリームなどはオールインワンジェル後、ファンデーションと同様浸透を待ってから塗るのがおすすめです。

 

 

オールインワンジェルを使い始めることで、オールインワンジェルだけしか使えない、使わないというわけではなく、オールインワンジェルを基本として、併用したり、アレンジしたりしてそれぞれに合った使い方をするといいかもしれませんね!

 

 

フィトリフトは、無添加処方として、非動物性原料成分で作られています。

 

併用も可能ではありませんが、他の併用する化粧品の成分などもしっかり吟味しないと、せっかくの無添加処方が台無しになってしまうケースも考えられます。

 

配合成分やお肌の調子を見ながら、あまり多くの化粧品をごっちゃにして使用しないようにするのも、使用時に重要なポイントです。

 

是非、オールインワンジェルを正しく、臨機応変に使い分けて、普段のお肌ケアがますます手軽に効果的なものになることを願っています!

 

⇒フィトリフトの公式サイトはこちらから

 

 


このページの先頭へ